調整の歴史

1600年代    (グレゴリオ聖歌など) 教会旋法

     バッハ     調整の芽生え
1700年代
     モーツアルト
     ベートベン           調整の安定期
1800年代     リスト
     ワーグナー          調整崩壊の兆し

     ドビュツシー
     ブゾーニ
     スクリャービン
     シェーンベルク→12音技法  一つの音が次にくるためには
                12の音が出尽くした次に出てくる方法
                音の階級をなくした

1900年代   ベルク
         メシアン→数学的に考えた
         ケージ→4分33秒間なにもしない演奏をした。これも音楽だと、言った。


         武満徹       
         グバイドゥーリナ       並存
         ベルト
         池辺信一郎→このN響アワーの司会者